星と天界の音楽と(星のソムリエのブログ)


 当時デンマーク領ホルシュタイン出身のドイツ人。1668年トゥンダーの後を継いでリューベックの聖マリア教会のオルガニストとなりました。そして夕べの音楽を主催し、北ドイツにおけるオルガン音楽の隆盛を築き、ヘンデル、バッハに多大な影響を与えたようです。ガリレオやケプラーが活動していた頃の作曲家、ヤン・ピーテルスゾーン・スウェーリンク(1562−1621)のオルガンの流れを継承し、北ドイツ・オルガン楽派の最大の巨匠となりました。

Bux WV.はG.カールシュテットの作品目録(Buxtehude-Werk-Verzeichnis)の略。また名前の表記は井上和男編の『クラシック音楽作品名辞典』によりました。
トリオ・ソナタ Op.2

Dieterich Buxtehude
Trio Sonatas, Op.2 -1696-



Catherina Manson ; Violin
Paolo Pandofo ; Viola da Gamba
Ton Koopman; Harpsichord, Organ
Mike Fentross; Lute

   

トリオ・ソナタ 変ロ長調 Op.2-1, BuxWV259
トリオ・ソナタ ニ長調 Op.2-2, BuxWV260
トリオ・ソナタ ト短調 Op.2-3, BuxWV261
トリオ・ソナタ ハ短調 Op.2-4, BuxWV 262
トリオ・ソナタ イ長調 Op.2-5, BuxWV 263
トリオ・ソナタ ホ長調 Op.2-6, BuxWV 264
トリオ・ソナタ ヘ長調 Op.2-7, BuxWV 265

Catherina Manson ; Violin
Paolo Pandofo ; Viola da Gamba / Ton Koopman; Harpsichord, Organ / Mike Fentross; Lute

 ブクステフーデといえば、私が思い浮かぶのはオルガン(スウェーリンクの影響… 今度彼を聴かなきゃ…)。そして、特にバッハが彼の演奏を聴くために300キロの道程をモノともせず聴きに駆けつけたというほど、多くの人々を魅了したという逸話。

  また、ハンブルク歴史博物館所蔵の絵画、ヨハネス・フォールハウト(Johannes Voorhout, )によって1674年に描かれた『音楽集会(Musical Company)』には、チェンバリスト、ヨハン・アダム・ラインケンの傍らでヴィオールを弾くブクステフーデが描かれた有名な絵画があります。
  そんなブクステフーデの話ぐらいしか解説書には書いてくれていないので、もっぱらオルガン曲ぐらいしか思い浮かびませんでした… そんな中、私をハイドンに開眼させてくれたトン・コープマンのチェンバロで、ここに聴く室内楽作品があるとは思ってもみませんでした。ヴァイオリンを独奏とし、ガンバ、チェンバロ、リュートの通奏低音が、いかにも趣味の良いバロックを奏でてくれます。

 実は私がブクステフーデに興味をもったのは、 チェンバロまたはクラヴィコードの鍵盤楽器のための作品として、『7つの惑星の性質を模した組曲(BuxWV251)』を作曲していたからです。しかし、残念ながら楽譜が現存せず(消失)、その存在を知らしめているのがヨハン・マッテゾン(Johann Mattheson, 1681-1764)が『完全なる楽長(Der vollkommene Capellmeister, 1739)』の中で言及していることのみ。このマッテゾンも作曲家として、オペラ『プレイアデス』という、7つの星になった7人姉妹を台本とするオペラを書いています。

 そんな紛失中の作品に思いを寄せながら、こうしたトリオ・ソナタを聴くと、なんとなく当時の宇宙観などを肌で感じることができるのではないでしょうか?というか、そう思いたい。いや、そう思って聴いてしまいます(笑)。
  なお、この頃のトリオ・ソナタが出版された頃の音楽界は、パーセルやコレッリ、その後に続くバッハ、ヘンデルなどが活躍していました。天文学の世界では、ニュートンの力学が世の中すべてを説明できるのではないかと思われていた時代、感受性豊かな作曲家が、ブクステフーデに限らず、手の届きそうな星空を夜毎眺めては、占星術と行き交いながら星空に想いを馳せていたのではないでしょうか?





Dieterich Buxtehude
Vocal Music Vol.1



Emma Kirkby ; Soprano
John Holloway, Manfred Kraemer ; Violins
Jaap ter Linden; Viola da gamba
Lars Ulrik; Harpsichord, Organ

   

おお楽しき時よ BuxWV84
慈愛にあふれるイエス BuxWV83
安らぎと喜び持てわれは逝く・コントラプンクトゥス I BuxWV76
この世で我を悲しませるもの BuxWV105
安らぎと喜び持てわれは逝く・コントラプンクトゥス I 発展 BuxWV76
神よ、我が内に清き心をつくりたまえ BuxWV95
安らぎと喜び持てわれは逝く・悲歌
わが父の許である御空に向かって BuxWV32
安らぎと喜び持てわれは逝く・コントラプンクトゥス II BuxWV76
主に向かいて新しき歌を歌え BuxWV98
安らぎと喜び持てわれは逝く・コントラプンクトゥス II BuxWV76
モーゼが荒れ野でヘビを上げたごとく BuxWV97
主よ、汝さえこの世にあれば BuxWV38

Emma Kirkby ; Soprano
John Holloway ; Violin /Manfred Kraemer ; Violin
Jaap ter Linden; Viola da gamba
Lars Ulrik; Harpsichord, Organ

 昔からエマ・カークビーの(Emma Kirkby)の声が好きで、彼女の声が聴きたくて、知らない作曲家の作品にも出会うことができました。今作はバッハの先輩格にあたるブクステフーデの声楽作品。

 それにしても私は天の邪鬼で、彼の作品と言ったら、先ず真っ先に挙げなければならないのは、大バッハさえ虜にしたオルガン作品であるべきなのに、一枚目(上)は、室内楽だし、二枚目はバロックらしい室内楽伴奏の声楽作品です。
  確かにオルガンは楽器の王様であり、作曲家が神に捧げる思いで作曲した荘厳な響きは、神の耳にも届くぐらいに教会にこだましていたにちがいありません。そして彼等の頭上に広がり、世界を取り巻く大宇宙に思いを馳せて描いていたのではないでしょうか。そんな音楽ももちろん好きなのですが、こうした小さな作品たちは、気軽に星空のお供にポケットに詰め込めるし、旋律なんかもわかりやすいのです。

 私がエマの美声にホレボレするのは、長調の曲。今ほど様々な曲をチョイスしていなかった頃は、それこそオルガンの響きは宇宙的だったし、アダージョ的な曲ばかりを好んで星空のB.G.M.で流していましたが、今では明るい曲、それも舞曲なんかを好むようになってきました。自分でもよくわかりませんが、天文学、音楽史に目を向けるようになって、今まで手を出さなかった時代の音楽にまで触れるようになったことが影響しているのかもしれません。

 このアルバムの主人公のエマの一枚は、手元にあるのはナクソスからリリースされた再発盤。もともとは1997年にデンマークの Dacapo/Marco Poloからリリースされていたアルバム。




Dieterich Buxtehude(1637-1707)

 
〜1630年代生まれの作曲家〜
Jean-Baptiste Lully(1632-1687)

Giovanni Battista Vitali(1632-1692)

Werner Fabricius(1633-1679)

Jean de Sainte-Colombe(1640-1701)

 
 この時代の音楽はバロックの黎明期から繁栄期。そして天文学の世界では望遠鏡の発達による観測が本格化し、ニュートンらの登場により、万物への力学的解釈が始まるようになってきます。

もどる(作曲家の部屋)home(一番星のなる木)