ビルボードのチャートに登場する曲は、アルバムを宣伝するために「シングル・カット」されたレコードなので、アルバムと同じ曲であるはずなのですが、中にはアルバムと異なるヴァージョンをリリースしたりするアーティストもいました。特に最近は、通常にシングルカット・したものの全く売れず、売り上げを伸ばすためにチャートの途中からリミックス盤に変更したりするアーティストも少なくありません。このページでは、そんなアルバムと異なる音源で1位になってしまった楽曲を取り上げます。



Peak 1987/10/10 ♪
Song Here I Go Again / Whitesnake
Writter David Coverdale, Bernie Marsden
Action 8(1987/09/05)、4、4、2、2、1、6(1987/10/16)
Weeks 28

 この曲の存在を知ってから「シングルとアルバムでは異なるテイクが使われることもある」ことを知りました。シングルカットするに際し、アルバムからの純粋なカットではなくアメリカナイズを施しての初ナンバーワンです。 

この時「侮れないチャート!」と悟りました(笑)

ゲフェイン(といういよりジョン・カロドナー)の方針で、「天国的な」ギターソロをプレイしているエイドリアン・ヴァンデンバーグを外し、アップテンポに変え、当時はセッション・ギタリストだったダン・ハフがギターソロに差し替えられました。

Whitesnake.com



 

Peak 2015/06/06 ♪
Song Bad Blood / Taylor Swift featuring Kendrick Lamar
Writter Taylor Swift、Kendrick Lamar、Max Martin、Shellback
Action

1(2015/06/06)、2、2、2、2、2、4、4、4、4、4、6、9(2015/08/29)

Weeks 25

 アルバム・カットされたときのランクインは80位(2014/11/15付)その後、圏外に消え、再び2015/01/10に78位でリ・エントリー。その際、Kendrick Lamarをフューチャー。大胆なビデオも功を奏してナンバーワンとなりました。

Taylor Swift




Peak 2016/08/06-08/27 ♪♪♪♪
Song Cheap Thrills / Sia featuring Sean Paul
Writter Sia Furler, Greg Kurstin
Action

8(2016/07/02)、6、6、5、3、1、1、1、1(2016/08/27)

Weeks 26*

アルバムに収録されているのはSiaのソロ。新たにリミックスされたテイクのSiaの方は大きな変更はありませんが、ラップ部分(最近の傾向)が追加されました。


Sia.comSean Paul.com



 

Peak 2017/05/27-07/15 ♪♪♪♪♪♪♪
Song Despacito/ Luis Fonsi & Daddy Yankee featuring Justin Bieber
Writter Luis Rodriguez, Erika Ender, Ramon Ayala
Action

9(2017/05/06)4、3、1、1、1、1、1、1、1、1、1(2017/07/22)

Weeks 26*

 3/4のランクイン時は55位でしたが、5/4にジャスティン・ビーバーをフューチャーしたリミックス版をリリースしたとたんにナンバーワンソングになりました。


Luis Fonsi.comJustin Bieber.com



 



もどるhome
息子とストーンズ観に行くぜ!(更新のあまりないブログ)|